2010年12月24日

ソーラー駐輪場の普及へ:徳島

ヤフーニュースに気になる記事が。徳島県は環境に優しい電動ハイブリッド自転車を交通の手段として活用するため、太陽電池パネルやリチウムイオン電池蓄電システムを組み合わせた「ソーラー駐輪場システム」を普及させるモデル事業を県内3カ所で始めると発表した。11年3月にシステムを設置する。
各施設や役場支所に、太陽電池パネル3枚(1枚あたりの最大出力210ワット)とリチウムイオン電池蓄電システム1台(1時間あたりの蓄電量約1・57キロワット)を設置した駐輪場を設け、電動ハイブリッド自転車10台を置く。照明には発光ダイオード(LED)を用いる。
電気系統が独立しているため、システムは災害時には非常用電源としても活用できるという。年間の二酸化炭素(CO2)削減効果は、2・6〜3・9トンと見込まれている。同様の設備は県庁で09年3月から稼働している。徳島って環境や太陽光発電に積極的な地域なんですね。他地域もどんどん見習って欲しいです。
posted by エコッチ at 00:11| 太陽光ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。